忍者ブログ

« フラクタルソフト探求 その1 | vimeoの動画をブログに貼るときのループ再生設定 »

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

« フラクタルソフト探求 その1 | vimeoの動画をブログに貼るときのループ再生設定 »

My 3dsMAX Script HAGURUMAgene



HAGURUMAgeneというスクリプトを昨夏作りました。上のような歯車の塊をボタンひとつで生み出すハイパー自慰スクリプトです。ちゃんと回ります。
それにGUIを実装し公開できるようにしました。
生まれて初めて書いたプログラムなので変数のスコープなどがガタガタでまだ手直しも終わっておらずバグがどんだけ出てもおかしくない感じです。一応一通り直したつもりなのですが・・・。

Download:HAGURUMAgene.mse

以下簡単な説明です。使ってみたほうが早いとは思いますが。
歯車同士は完全に噛み合っていて、且つ交錯しないように当たり判定とって排除してあります。物理演算を使っているのではなく回転速度と初期角度のズレをとってスクリプトコントローラで回しているので重くないです。
歯車の回転はスライダでコントロールしてください。



ブーリアンの類はまったく使わず頑張って幾何学的に頂点並べてメッシュ張ったので割と軽い・・・ハズ。
ディテールの形状パターンは暇をみて増やそうと思います。いかんせん数式起こさないといけないのでめんどいです。



シャフト部分だけマテリアルID分けてあります。シャフトがID:2でボディがID;1です。



定番のサンプル映像です。

My 3dsMAX Script HAGURUMAgene Sample Movie from cagelaw on Vimeo.

今回は中身がぐちゃぐちゃ過ぎるので見られたくなく、mseファイルでの公開としています。
バグとか感想とかいただけたら嬉しいです。気軽にコメントください◎
PR

映像 : Comment (0) : Trackback (0)

Comment


Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackback

Trackback URL: